« M1002 PROTO MODEL 219日目 | メイン | 10年前のREDWING POSTMAN CHUKKA »

2011/01/11

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

現在R-001を穿きこんで育てていますが
先日やっとレアGジャンを手に入れることが出来ました!
今まで古着屋やオークションでも全くお目にかかることさえ出来ず
ネットで検索してやっと画像が1枚だけ出てくるほど縁遠かった念願のアイテム。
で、このレアGジャンってやはり製造数が少ないんでしょうか?
因みに私の所有するレアのロットはXN0002Jです。

レアGジャンの入手おめでとうございます!

まさに「レア」なアイテムですね。

古着市場でもほとんど出ることはないかと思います。

社内の人に聞いた話では、レアGジャンは最初から作ったのではなく、90年代初頭にワンロット程度生産されたようですので、もしみつかれば今回のように入手しておくほうが良いかもしれませんね。

おそらく100〜200、多くても300着程度ではないかと推測しています。

レアGジャンあったんですね(笑)。カタログには長く載ってましたが、街中はおろか店頭でも見たことがありません。よろしかったら詳細を教えていただけませんか。ニューレアもまだ店頭で見かけません。単発でも構いませんから、ニューレアでGジャン作って下さい!


やはりレアGジャンは生産数が少なかったんですね~
実際に実物をを見るとGジャンなのに内側にスレーキ生地を使用していたり
革ラベルやボタンは全てレアジーンズと同じオリジナルのものを採用していたりと
非常に手の込んだ作りだということがよくわかります!
手持ちの物のロットがXNですが、やはりワンロット程度の生産だったんですね?
そんな数少ない貴重なアイテムが新品未使用でタグや認定証や保存袋など
全て付属しているものを入手出来たのは奇跡に近いですね。

ニューレア生地でのGジャン製作は大いに歓迎ですね!
あの柔らかい生地で(まだ購入していませんが一度触った感触で)作ったGジャンは
さぞや着心地がいいんじゃないかと想像しちゃいます♪
しかし初代のレアGジャンのお値段がジーンズよりチョットお高い24,000円だったので
ニューレアの生地で作ったら・・・

>黒ちゃんさん

おそらく店頭で見ることは当時でもなかなかなかったのかもしれないですね。

レアGジャン詳細ですが、1990年初頭に「レアデニムのあの味をGジャンでも楽しみたい」という声に応えて登場しました。品番はR602です。

ボタンや革ラベル等、付属はレアジーンズと全く同じにものが使われました。
ただし、デニム自体は若干R602用に微修正がかけられました。

サンフォライズされ、スキュー加工が施されている点です。

なので、特許のカッティング技術「レンチプルーフ」はGジャンには採用されていないので、ジーンズとはまた違った顔つきになると思われます。(Gジャンの場合パーツが多く、何度か試みたもののさすがに無理だったようです)


ニューレアのデニムジャケットもいつかは作ってみたいですね。
ジーンズを作るのもかなり時間を費やしましたが、ジャケットはさらに時間を費やしそうです。

>罪と真実さん

まさかデッドストックで手に入れられたとは驚きです!

よく残っていたとしか言い様がないほどすごい確率だと思いますよ。

ちゃんと認定証や袋までついているということは。


ニューレアの生地でデニムジャケット作ったら、さぞかし着心地いいと思います。
しっかりとした生地感はありながらもやわらかいあの風合い。

ニューレアを穿いた方々が「次はコレのデニムジャケットが欲しい!」となってくれれば嬉しいですね。

実現できるよう前向きに検討したいと思います。

罪と罸さんへ…もしや私が、NOBUEさんへのブログで紹介したジーパン屋さんで見つけられたのではないですか(笑)。毎年、帰省の度に寄ろうと思っているんですが未だお店に踏み入れたことはないんです…お話いただける範囲で入手経路を教えて頂けませんか?う~ん興味深々!BJ本社のアーカイブルームにも所蔵さんてないんですね。

大変すみません。お名前を間違えてしまいました。罪と真実さんでした。失礼しました。

>黒ちゃんさん

ジーパン屋さんのコメントは読んでいないので
そのお店のことは存じ上げておりません(因みに当方は神奈川在住です)。
今回レアGジャンはオークションにて落札して入手致しました。
常日頃から毎日欠かさずにジャケットのカテゴリーにてBIG JOHNで検索し続けた結果
やっと見つけて今回の入手に至りました!

レアGジャンはまだデジタル・アーカイブでも紹介されていないので
これから是非掲載して欲しいですね。

罪と真実さんお答えありがとうございます。それにしても1ロットの生産でシリアルナンバー2番とは凄いです。トップナンバーはBJ本社にあるんですかね。ブログに登場したレアジーンズはおそらくトップとラストナンバーですね。
ナガミネさん丁寧なお答えありがとうございます。Gジャン用の特別な生地が使われていたとは驚きでした。またこのコメント欄を使わせていただきありがとうございました。次回のレアジーンズ講座楽しみにしています!


レアのデニムジャケットは本社アーカイブ室に一着ありますが、まだデジタルアーカイブの方にはアップできておりません。(申し訳ないです...)

時代の流れか、デニムジャケットは近年ではあまり作られることが多くないアイテムですし、さらにレアデニムのような最高品質の生地で作るとなるとほんとに珍しいことだと思います。

ジーンズとまたひと味違う生地を長年時間をかけてじっくりと楽しんでみてくださいね☆

一足先に自分のブログに載せてみました♪
春先頃に儀式(糊落とし)を行って着用し始めようかと思っています。

本当にこのレアGジャンは育て甲斐がありそうで
長い間楽しむことが出来そうですね!

ブログの掲載拝見させていただきました!

たいへん詳しく記載されておりこちらも色々勉強させていただきました。

まだ今のうちはこの新品の段階を目で見て楽しんでみて、
春頃に着用スタートするのを楽しみにしています!

レポート宜しくお願いします☆

長峰さんに質問です。R001は全部で何本位生産されたのですか? またXAからXOまで全て同じ本数が造られたのですか教えて下さい。

R001が何本生産されたのかという記録が現在残っていないため、
申し訳ございませんがこちらでも把握することができておりません。

またロットによる生産数ですが、
XA〜XOまで各ロットで全て同じ本数が作られるということは可能性が低く、
やはり初期ロットはある程度全国のジーンズショップに行き渡るため多めに生産され、
中期から後期にかけては、そのフォロー分の生産ということで比較的少なめに生産されたものと思われます。

皆さんはボタンフライがジーンズの王道と言いますが私はジップフライこそジーンズだと思います。だから最初に創ったレア001はジップだったのですね。ちなみにR001は3本持っています。そして全て新品で無理にダメージ加工でアタリを付けずに自然な痛み方を楽しみたいのです。最高のジーンズだから自然にボロボロにしたいのです。

以前は私もボタンが好きだったのですが、最近ではジッパーびいきになっています。

実はレアのような縮率の大きい生地の場合、生地が縮んで捻れると、
ジッパーの噛み合わせが悪くなり、故障する原因になるので、ジッパーはあまり使われないのです。

そういうこともあって洗濯する場合はジッパーを閉めて洗われるのをオススメしています。

ジッパーを閉めて洗うのは気が付きませんでした。これからは必ずそうします。私の宝物のR001はその寿命の最後まで大事に付き合いたいので弱点のジップは注意しますね。ありがとうございました。

レアの寿命のことでお聞きしたいのですが一週間に二日履いて(休日に)何年くらい持ちますか?おおまかでいいので教えて下さい。 私の感覚ではふつうのジーンズだと約7、8年位と感じていますが・・・

毎日365日普通に初代レアを穿いて2年持つか持たないかだと思いますので、
週2ペースで単純に計算すると、7年に相当します。

ただし、週2ペースの場合だと、毎日穿くよりもダメージが少ないので、
結果的には8〜9年は持つかもしれません。

なるべく早めのリペアをするとより長く着用できると思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)





2017年1 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連サイトはこちら
BIG JOHN 公式サイト PC
BIG JOHN 公式サイト スマホ
BIG JOHN オンラインショップ
デニムスクール

ブログサイトはこちら
BIG JOHN 公式ブログ TOP

ソーシャル関係はこちら
・BIG JOHN Faceboookページ
・BIG JOHN Twitter
・World Workers Twitter

★メールニュース購読
・メールニュース購読はこちら

BIGJOHN OFFICIALSITE